BMW INFO

【DRIVING】

【パイオニア】 BMWのFFモデル

BMWのFFモデルは最新のテクノロジーを駆使!

■FF (前輪駆動) =車内空間を広くとれるため居住性を確保。
■その上で、BMWのFFモデルは最新のテクノロジーによって、従来のFF車のイメージを覆すスポーティーで上質な走りを実現。

・レイアウトの進化: 前輪の荷重を約60%に低減し、軽快なハンドリングを実現
・サスペンションの進化: 後輪に常に安定して路面をとらえる高性能なマルチリンク・サスペンションを採用。
・電子制御技術の進化: 新しいタイヤスリップ・コントロール・システム(ARB) により、アンダー・ステアを瞬時に抑制。
・ARBにより雪道でのタイヤの横滑りが瞬時に抑えられるので、常に安定した走行を実現し安心感を醸成。

フロント荷重の低減

フロント荷重の低減

フロントの荷重を適正化し、(FRに対し)軽快感や一体感を損なわずにドライバーが扱いやすいバランスを実現。

マルチリンク・リヤ・サスペンション

マルチリンク・リヤ・サスペンション

左右のタイヤがそれぞれ独立して、あらゆる方向から5本ものアームで支えられるので、常にタイヤが理想的な角度で路面を捉え続けます。

→後輪も積極的にハンドリング性能に貢献できるので、前輪の荷重を減らすことのデメリットを打ち消し、4輪全体で高いパフォーマンスを実現。

ARB

ARB(タイヤ・スリップ・コントロール・システム)

スリップを検知した瞬間に車両制御システムがエンジントルクを抑えるため、DSCによる車両制御がよりクイックに行われ、不安定な挙動を瞬時に解消します。

50:50の重量配分

50:50の重量配分

 FRレイアウト

FRレイアウト

 BMWのFFモデル

BMWのFFモデル

BMW ドライビング・テクニック: ステアリング・ワーク

BMW ドライビング・テクニック: ステアリング・ワーク